シリーズのポイントシステムって?

先日のラリーオブ嬬恋で、「日本スーパーラリーシリーズ」、「全日本ラリー選手権」がスタートしました。

上記を見ていただくと、モータースポーツの大会では、「○○シリーズ」「○○選手権」とついているものがあります。
これらはシリーズ戦として年間を通して何戦か行われ各大会の順位とは別にシリーズでの順位を決める戦いがあります。

さて各大会での順位と言うのは、速くゴールした人が1番!と非常に分りやすいですが、年間を通して誰が1番速かったの?となると、どうやって決める?というお話になるわけです。

そこで出てくるのがポイントシステムというものです。
これは、各大会での順位に応じてポイントが与えられるというものです。

例えば、私達が参戦している日本スーパーラリーシリーズでは、1位25ポイント、2位18ポイント、と言う風に順位によるポイントが割り振られます。
各チーム、各選手は各大会でこれらのポイントを得て、最終的にこのポイントを1番多く獲得した人が、シリーズを通して1番であるという風に、決めるというわけです。

また、シリーズを通してチャンピオン争いを熱くするために、各大会ではこのポイントシステムに色々と工夫をしています。

例えば有効戦数と言うものが設定されている場合があります。
これは年間10戦あるうちの8戦を有効とするという形で取り決められます。
どういう意味かと言うと、例えば10戦全戦参戦しても、その内の順位が良かった8戦のポイントだけ採用されるという仕組みです。

これのメリットは、例えばとある大会でリタイアしてしまってノーポイントになってしまっても他の9戦で十分シリーズ争いが出来るという風に1回の失敗で年間全てがフイになってしまう事が無いということです。

また選手には得意なコースや不得手なコースがあるので、このコースでは絶対にポイントを獲得するとか、不得手なコースは多少遅れをとってもよしとするという風に年間を通しての戦略を練ったりします。
とは言え、いくら切捨てが出来る大会があったとしても1つのコースだけ速くてもシリーズでの勝利は得ることが出来ません。
年間通して速い選手が1番偉いという上手くできたシステムなわけです。

さて、このポイントシステムですがラリーだけは、さらに特殊なシステムが組み込まれています。
それは「DAYポイント(デイポイント)」
何日かにわたり1つの大会が行われるラリーならではで、その日速かった人にもポイントを与えようというシステムです。
日本スーパーラリーシリーズの場合は、1位7ポイント、2位6ポイントと与えられます。
総合での優勝に比べると、少ないポイントですが例えばDAY2でリタイアしてしまっても、DAY3で1位を取ると7ポイントを得られるという風に、年間を通すと貴重なポイントを得れるチャンスがあります。

これにより、ラリーでDAYリタイアしても翌日走るという意味が出てくるわけです。
「リタイア=その大会はノーポイント」なら、メカニックは夜通し車を修理して、次の日出走するなんて事したくないですよね。
各大会で勝者になることももちろん大切なのですが、チームはシリーズチャンピオンになるという大きな目標に向って1年間を通して戦っています。
その日リタイアしても次の日に走る意味があるからこそ、メカニックは必死に修復して翌日に万全の状態で走れるようにするわけです。

またDAYポイントはその日のタイムのみで決まるので、総合で遅れを取っていても、その日速ければポイントを取れるというメリットがあります。
また1位が独走していたとしても、DAYで手を抜けば他のチームにDAYポイントを持っていかれるということになるので、最後まで熱い戦いが見れるというのにも貢献しています。

DAYポイントは総合ポイントに比べると少ないポイントですが、1ポイントに笑う泣くというのがシーズン最後にあるのがモータースポーツ、だからこそ手を抜けないというわけです。

一見すると複雑なポイントシステムですが、理解するとまた違ったシリーズ戦の楽しみ方が出来るのではないでしょうか?

ポイントの割り振りは、各シリーズ、選手権によって違うのでその点ご注意下さい。

本当は公式大会サイトで分りやすく明記してあるとよいのですが、大抵はシリーズ規則書などに書かれてるのみの場合が多いので、ちょっと探すのは大変です。
そんな時は、第1戦のポイントが発表されると大体何ポイントが与えられるか分るので、それを見てみるのがよいかもしれません。

JAFが管轄する選手権では、こちらで獲得ポイントを確認することが出来ます(ちょっと更新が遅いのが難点)

日本スーパーラリーシリーズでのポイントはこちらでご確認いただけます。
ポイント規則はこちらで確認できます。

これから各モータースポーツのシリーズが始まりますが、シリーズチャンピオンが誰になるかシリーズポイントにも注目して楽しんでくださいね~。

広告