和田選手の関東地区ダートラ第5戦の報告書を頂きました。

イベント名:JAF関東ダートトライアル選手権 第5戦
2018はと車ダートトライアル
開催日:2018年6月3日
開催場所:モーターランド野沢
路面:ドライ
車両名:ZEUS☆MAXIMミラージュ
結果 : S1クラス9位/12台

和田さん地区戦第5戦野沢

・1本目
スタートにかなりの下り勾配がついていました。
サイドブレーキの弱いミラージュには辛いスタート姿勢。
やっぱりフットブレーキを離したらズズっと進んでしまい、ちょっとしたパニックスタート。

2コーナー目で完全に角度を間違えて失速。

バックストレート入る前に思ったよりもジャンプして、プチパニック。
「ブレーキ間に合うよね??」
十分間に合ったのですがドキドキでした。

バックストレートの行きは進入抑えすぎ。
帰りは減速不足。

バックストレートを上ってインフィールドへ。
ゆるーく右に曲がる先を1本手前に入ろうとしてしまい、減速しすぎました。

その後も上手くまとまらず全然気持ち良くない走りになりました...。

・2本目
スタートで動かないようにサイドブレーキかなり強く引っ張りました。

スタート...。サイドが戻らない!!
両手でサイド引いて、フットブレーキリリースでスタートと言う恥ずかしいスタートを切りました。

1本目のイケてないところをほとんどそのままトレースしました...。
バックストレート前のジャンプでは、警戒してブレーキでチョイ減速したのですが、着地時までブレーキを離すのを忘れて酷い腹打ち...。

バックストレート戻りの頂点では横向きかけて大きな減速が入ってしまったり...。
等々1本目よりも酷いかも?と言う状況。

1本目から改善出来るところをことごとく落としてしまった感じです。

結果1本目のクラストップタイムも更新できず、PN車のトップにも勝てない、悔しい結果となりました。

と言う結果だった和田選手。
慣れないコースだとまだ1本目はコースミスしそうになってしまうので、慣熟歩行の精度を出していくのが課題かもしれません。

1本目を修正して2本目はタイムアップと行きたいのがダートトライアルですが、2本目スタートでちょっとしたミスがあったのが響いてしまいゴールまでわたわたしてしまった感じですね。
野沢特有の斜面のコースに翻弄されてしまった感もある和田選手ですが、これも経験。
速くなる為の過程ですので、どんどん色んな場所を走ってもらいたいですね。

和田選手お疲れ様でした~。

広告