和田選手の丸和カップ第3戦の参戦報告です!

イベント名:丸和カップ 第3戦 360-Racing ダートトライアル
開催日:2018年6月10日
開催場所:丸和オートランド那須
路面:雨によるウェット
車両名:ZEUS☆MAXIMミラージュ
結果 : M1クラス 1位/8台
和田さん丸和カップ第3戦

前回悲願の初優勝を果たし、シリーズ優勝目指して参戦中の丸和カップ!
予報では15頃まで曇りということでドライ勝負もあると準備をした和田選手でしたが、当日は1本目前から小雨で段々と雨足が強くという天候で勝負所が難しい戦いとなりました。

・1本目
安定の様子見で2位。
1位はアルトでした。
0.2秒位やられてしまいちょっとショック。

走ってみると、雨にも関わらずかなりグリップが有りました。
もっと行けたなー、と言う箇所も多かったです。

もしかして雨が強くなってしまったら1本目勝負になってしまうかもしれない...。と言う恐怖も芽生えます。

・2本目
雨足は強まったもののまだまだ小雨レベル。
前のクラスもタイムアップしてるのでまだ詰められそうです。

砂利は少なく、岩が出始めているので、これ以上は掘れないだろう路面と、1本目のグリップ感からドライも有りかも知れない、と言う思いが芽生えました。

しかし路面温度はほとんど上がっていないのでウェットのまま走行。

割りと上手くまとまりましたが、つづらで外に膨らんでしまったり、島回りでオーバーしてしまったり、と失敗も有りながらクラス1位。
2位とは0.8秒差。

慣熟歩行
濡れてはいますがキレイに砂利が有りません。
いやーこれは迷うなー、と思いつつ、路面温度は変化無しなのでタイヤ変更無しを決断。

・3本目
タイヤ変更無し。
スタート直前に2位だった方にトップタイム更新されたアナウンスが聞こえました。
言い間違いか聞き間違いか、3秒もタイムアップしたと勘違い。

走った印象では3秒はかなり厳しいと感じます。
スタート前にプレッシャーと勝てそうな気がする妙な高揚感に包まれました。

多少暴れても良いから高揚感に任せて走ろう、と決意。

つづらで外にはらみオーバル入り口や島回りのタイトコーナーでオーバーしたりは有ったものの、野沢とは段違いに楽しく走れました。

ゴールしたら実況のテンション高いアナウンスが、5/1000秒勝ったことを告げてくれました。

思わず「よし!」と言う声が口をついて出ました。

和田さん丸和カップ第3戦2

これでシリーズは2位、1位、1位と続いてますのでシリーズ優勝にまた近づけました。

と言う結果だった和田選手。
前回の野沢とは打って変わり落ち着いたレース運びをしたようです。
タイヤ選択も自分の選択したタイヤを信じて走れ、最後はともかく自分の走りをする!と決めてスタート。
その迷いない走りが1000分の5秒という勝つという結果に出たんではないでしょうか?

丸和カップ2連勝おめでとうございます!

広告