TGRラリーチャレンジ渋川ラウンド丸山選手から参戦レポートを頂きました

イベント名:TOYOTA Gazoo Racing Rally Callenge in 渋川
開催日:2018年6月24日(日)
開催場所:群馬県渋川市周辺
SS本数:6本(ターマック)
車両名:ZEUSJAPAN諏訪姫Vitz
クラス:E-1クラス(NCP91/131限定クラス)
クルー:丸山 未知可/柾田 瞳
結果:E-1クラス(NCP91/131限定クラス) 11位/12台中

Photo:佐藤 良孝
Photo:佐藤 良孝

TGRラリーチャレンジ東シリーズの2戦目となる今大会は、茅野ラウンド、勝山ラウンドに引き続き90台フルグリッドという参加台数となりました。
前回の茅野ラウンドより上位を目指し挑んだ、丸山/柾田クルーの戦いはいかに!

前回の茅野ラウンドはグラベルでしたが、今回はオールターマックという事で足回りとタイヤを変更しターマック仕様で挑みました。
SSは群馬らしくハイスピード区間やテクニカル区間が混ざり非常に難易度が高いコース。

今大会はスタート前から緊張状態にあった丸山選手ですが、スタート後もペースノートが合わずリズムよく走れないまま午前中の3本が終了。
サービスをはさみ、気持ちを切り替えSS4は落ち着いて走り午前よりタイムアップ。
SS5もこの勢いでと思ったのですが、少し気合が入りすぎてミスが目立ちタイムダウンという結果に。

丸山選手自身も納得のいく走りが出来ないままフィニッシュ。
リズムに乗り切れない大会となってしまったものの完走し1ポイントを獲得。

今大会で反省点が色々と出てきた丸山/柾田クルー。
次戦までは少し時間があるので、反省点を生かし成長した姿を次戦では見せてくれることでしょう。

次戦はTGRラリーチャレンジ福島ラウンドとなります。
是非、応援の程よろしくお願いいたします。

広告