和田選手の丸和カップ第4戦の報告です。

イベント名:2018年JAF東北ダートトライアルシリーズ第4戦 丸和カップ第4戦 AERA-B SUPER DT
開催日:2018年7月1日
開催場所:丸和オートランド那須
路面:ドライ
車両名:ZEUS☆PAOMSミラージュ
結果 : M1クラス 2位/11台中
2018和田さん丸和カップ第4戦

和田選手M1クラス2連勝中の丸和カップ、シリーズ優勝目指して今大会も参戦。
しかし残念ながら優勝を逃して2位でした。

和田選手のコースレイアウトを見ての感想は、

今まで走った中でも一番の高速レイアウト。
パワー差がかなり効いてきそうで、ミラージュには若干不利かと不安になります。

というコースでの戦いとなりました。
2018和田さん丸和カップ第4戦コース

・1本目
曇り。
前戦の野沢に比べると非常に落ち着いて走れました。

大ヘアピンで突っ込み過ぎてちょっと振られ、インに付きすぎて水溜まりに突っ込み視界不良になったり、
ダンロップヘアペンからインフィールド抜けての島回りはやっぱりあんまり上手くないなー、と言う印象。

レギュラーメンバーからは4秒差をつけてゴールったのですが、スポット参戦の選手に2秒も負けてしまいました。

・2本目
曇り。
スポット参戦の選手に千切られた事がかなり悔しいので気合いを入れて行きました。
前半は中々上手く決まって中間ベストを叩き出しましたが、後半で落としてしまい、また2秒弱の差がついてしまいました。

いつものライバルは2秒の差をつけているのでで、走り自体は悪くはないと思うんですが...。

・慣熟歩行
砂利が一部残ってはいますが、4WD勢が頑張ってくれたお陰か、久々にとても広い幅で砂利が掃けました。

日がガンガンに照っていれば絶対にスーパードライ!な路面でしたが、路面温度は上がってません。
ここは87Rで行くことに。

・3本目
スタートして1コーナーに気合いで入ったら轍から弾かれてしまい失速。
あーこりゃ勝てないかなー?なんて邪魔な考えが浮かびましたが何とか気持ちを持ち直して走りました。
大失敗はしてないつもりですが、久々にサイドを使おう!と走ったらちょっとタイミング外したりで余り上手くはまとまらず。

結果スポット参戦の選手に2.7秒やられての2位に沈みました。

という事で、3連勝して勢いに乗りたかった和田選手ですが、まさかの伏兵にやられてしまったようです。
とはいえ、この選手M1クラスながら2WDオーバーオールだったとのことで、和田選手の内容が悪かったというよりも、相手が速かったということですかね。

とはいえ、レギュラー勢の中ではトップの順位ですのでかなりシリーズ優勝も現実味を帯びてきた和田選手、是非後半戦も良い成績を出してシリーズ優勝していただきたいですね。
和田選手の応援よろしくお願いいたします。

広告