和田選手の丸和カップ第3戦の参戦報告です!

広告

イベント名:丸和カップ 第3戦 360-Racing ダートトライアル
開催日:2018年6月10日
開催場所:丸和オートランド那須
路面:雨によるウェット
車両名:ZEUS☆MAXIMミラージュ
結果 : M1クラス 1位/8台
和田さん丸和カップ第3戦

前回悲願の初優勝を果たし、シリーズ優勝目指して参戦中の丸和カップ!
予報では15頃まで曇りということでドライ勝負もあると準備をした和田選手でしたが、当日は1本目前から小雨で段々と雨足が強くという天候で勝負所が難しい戦いとなりました。

・1本目
安定の様子見で2位。
1位はアルトでした。
0.2秒位やられてしまいちょっとショック。

走ってみると、雨にも関わらずかなりグリップが有りました。
もっと行けたなー、と言う箇所も多かったです。

もしかして雨が強くなってしまったら1本目勝負になってしまうかもしれない...。と言う恐怖も芽生えます。

・2本目
雨足は強まったもののまだまだ小雨レベル。
前のクラスもタイムアップしてるのでまだ詰められそうです。

砂利は少なく、岩が出始めているので、これ以上は掘れないだろう路面と、1本目のグリップ感からドライも有りかも知れない、と言う思いが芽生えました。

しかし路面温度はほとんど上がっていないのでウェットのまま走行。

割りと上手くまとまりましたが、つづらで外に膨らんでしまったり、島回りでオーバーしてしまったり、と失敗も有りながらクラス1位。
2位とは0.8秒差。

慣熟歩行
濡れてはいますがキレイに砂利が有りません。
いやーこれは迷うなー、と思いつつ、路面温度は変化無しなのでタイヤ変更無しを決断。

・3本目
タイヤ変更無し。
スタート直前に2位だった方にトップタイム更新されたアナウンスが聞こえました。
言い間違いか聞き間違いか、3秒もタイムアップしたと勘違い。

走った印象では3秒はかなり厳しいと感じます。
スタート前にプレッシャーと勝てそうな気がする妙な高揚感に包まれました。

多少暴れても良いから高揚感に任せて走ろう、と決意。

つづらで外にはらみオーバル入り口や島回りのタイトコーナーでオーバーしたりは有ったものの、野沢とは段違いに楽しく走れました。

ゴールしたら実況のテンション高いアナウンスが、5/1000秒勝ったことを告げてくれました。

思わず「よし!」と言う声が口をついて出ました。

和田さん丸和カップ第3戦2

これでシリーズは2位、1位、1位と続いてますのでシリーズ優勝にまた近づけました。

と言う結果だった和田選手。
前回の野沢とは打って変わり落ち着いたレース運びをしたようです。
タイヤ選択も自分の選択したタイヤを信じて走れ、最後はともかく自分の走りをする!と決めてスタート。
その迷いない走りが1000分の5秒という勝つという結果に出たんではないでしょうか?

丸和カップ2連勝おめでとうございます!

広告

和田選手の関東地区ダートラ第5戦の報告書を頂きました。

イベント名:JAF関東ダートトライアル選手権 第5戦
2018はと車ダートトライアル
開催日:2018年6月3日
開催場所:モーターランド野沢
路面:ドライ
車両名:ZEUS☆MAXIMミラージュ
結果 : S1クラス9位/12台

和田さん地区戦第5戦野沢

・1本目
スタートにかなりの下り勾配がついていました。
サイドブレーキの弱いミラージュには辛いスタート姿勢。
やっぱりフットブレーキを離したらズズっと進んでしまい、ちょっとしたパニックスタート。

2コーナー目で完全に角度を間違えて失速。

バックストレート入る前に思ったよりもジャンプして、プチパニック。
「ブレーキ間に合うよね??」
十分間に合ったのですがドキドキでした。

バックストレートの行きは進入抑えすぎ。
帰りは減速不足。

バックストレートを上ってインフィールドへ。
ゆるーく右に曲がる先を1本手前に入ろうとしてしまい、減速しすぎました。

その後も上手くまとまらず全然気持ち良くない走りになりました...。

・2本目
スタートで動かないようにサイドブレーキかなり強く引っ張りました。

スタート...。サイドが戻らない!!
両手でサイド引いて、フットブレーキリリースでスタートと言う恥ずかしいスタートを切りました。

1本目のイケてないところをほとんどそのままトレースしました...。
バックストレート前のジャンプでは、警戒してブレーキでチョイ減速したのですが、着地時までブレーキを離すのを忘れて酷い腹打ち...。

バックストレート戻りの頂点では横向きかけて大きな減速が入ってしまったり...。
等々1本目よりも酷いかも?と言う状況。

1本目から改善出来るところをことごとく落としてしまった感じです。

結果1本目のクラストップタイムも更新できず、PN車のトップにも勝てない、悔しい結果となりました。

と言う結果だった和田選手。
慣れないコースだとまだ1本目はコースミスしそうになってしまうので、慣熟歩行の精度を出していくのが課題かもしれません。

1本目を修正して2本目はタイムアップと行きたいのがダートトライアルですが、2本目スタートでちょっとしたミスがあったのが響いてしまいゴールまでわたわたしてしまった感じですね。
野沢特有の斜面のコースに翻弄されてしまった感もある和田選手ですが、これも経験。
速くなる為の過程ですので、どんどん色んな場所を走ってもらいたいですね。

和田選手お疲れ様でした~。

TGRラリーチャレンジ渋川ラウンドの動画公開!

2018年6月24日に開催されたTGRラリーチャレンジ渋川ラウンドの動画を公開しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回チームゼウスジャパンは、
ゼッケン132「Zues YH 30cc 86」
ゼッケン141の「ゼウスジャパン諏訪姫Vitz」
の2台体制で参戦。

132のクルーは、ドライバーはなんと九州からわざわざ渋川まで自走でやってきた山川 浩一選手。
ラリーがやりたいと2年間悩んでいたところ、チームゼウスジャパンでサポートし今回初ラリー参戦となりました。
コ・ドライバーは全日本ラリー入賞経験もある中島 昌也選手。
ギャラリーステージでは光るステックを振るギャラリーサービスをしていました。

141のクルーは、茅野ラウンドに引き続き、丸山 未知可選手と柾田 瞳選手の女性クルーコンビ。
諏訪姫カラーに身を包んだVitzで挑みました。
ギャラリーサービスとしてチームゼウスジャパンが全日本戦ではおなじみとなった諏訪姫カード、競技車カードの配布を行いました。

とそんなクルー達の思い出動画です。

モントレー2018 まとめ動画公開!

お待たせいたしました!?

モントレー2018のチームゼウスジャパンのまとめ動画が公開しました。

キラキラタンバリンあり焼き饅頭ありの感動動画?です。

私達は真剣にラリーに取り組んでおります!
ですがが「ラリーは楽しい!」もギャラリーの皆さんと共有したく色々なことに挑戦しています。
その挑戦を動画でも是非楽しんで下さい。

全日本ダートトライアル選手権 第5戦に参戦してきました。

2018年JAF全日本ダートトライアル選手権 第5戦 ダートスプリントin門前に参戦してきました。

イベント名:2018年JAF全日本ダートトライアル選手権 第5戦 ダートスプリントin門前
開催日時:2018年6月17日
開催場所:輪島市門前モータースポーツ公園(石川県輪島市)
車両名:ゼウスジャパン♪ミニクーパーS
ドライバー:権田哲也
結果:SA1クラス 12位/17台

Photo:加藤 仁
Photo:加藤 仁

今回は前日練習なしのぶっつけ本番の大会となった門前ラウンド。
事前に一度地区戦に参加してコースを走っているとはいえ、まだ両手で数えられる数しか走っていない門前モータースポーツ公園では少し分が悪い戦いとなります。

とはいえ自分が今出来るベストの走りをするしかないのでしっかりと完熟歩行をして1本目に挑みました。

ですが!1本目前半は暴れるミニをコースから外れないようにするような感じになり、大幅に遅れる結果に、先週まで乗っていたデミオの感覚で操作ししまった部分もあったようで、後半ではミニの走り方を取り戻し少しは安定した走りに。
しかし前半の遅れが大きく響き、トラブルがあった車両を除けば最下位スタート。

Photo:Mitsuya Suzuki
Photo:Mitsuya Suzuki

天気はよく、2本目勝負だろうと気を取り戻し、完熟で路面をしっかりとチェック。
少し浮き砂利が気になるもののタイヤはスーパードライを選択し勝負に出ます。

各クラス2本目にタイムを伸ばすと思っていましたが、SA1より前の他クラスの結果を聞いていると思ったよりもタイムが伸びず、タイムダウンもちらほら。
なかなか難しい路面のようです。

しかし、ここは自分が選んだタイヤを信用してベストの走りをすべく2本目をスタート。
トラクションもきっちりとかかりタイヤ選択は問題なし!
あとは自分がミスせず踏み切れるか。

ですが、いくつかミスをしてしまい自分の1本目からタイムはかなりアップしたものの12位という結果になりました。

Photo:加藤 仁
Photo:加藤 仁

トップとの差は3.2秒。
中部の選手が3位までを独占するという走りなれた選手が強い展開となりました。
関東勢の最高順位は4位、自分との差は1.9秒。
順位こそは振るわなかったものの、関東トップとの差は詰まりつつある感触は得ることが出来ました。

まだ足回りのセッティングが出ていない状態を考えると、なかなか将来が楽しみな感じになってきました。

ただ残念ながら次戦野沢までは、ショックの仕様変更が時間的都合で無理なため野沢ラウンド終わりでの仕様変更となり、あと1戦はこのままで戦うこととなります。

少しもどかしい部分はありますが、野沢は走りなれたコース。
門前は中部勢が強さを発揮しましたが、今度は関東勢の逆襲の番です。
その逆襲の中に混じれるように、気合を入れてアクセルを踏んできたいと思います。

全日本ラリー モントレー2018に参戦してきました。

2018JAF全日本ラリー選手権 第5戦 モントレー2018に参戦してきました!

イベント名:2018年JAF全日本ラリー選手権 第5戦 モントレー2018
開催日時:2018年6月8日~10日
開催場所:群馬県嬬恋村周辺
車両名:ZJ シルバーストンR GMS DEMIO
クルー(ドライバー/コ・ドライバー):権田哲也/ジャッキー藤上
結果:JN3クラス リタイア/10台

Photo:熊谷 泰三
Photo:熊谷 泰三

残念ながらLeg2(2日目)の最初のSS10にてドライブシャフト破損によるマシントラブルでリタイアとなりました。

さてさて振り返りますと、今回は88Rという今年ダンロップから新発売されたダート用タイヤを使ったわけです。
このタイヤはミニですでに実戦投入していてコントロール性などが自分の好みに合っており、不確定要素が多い林道ダートでは大きな武器になると思いデミオでも使う事に。

ただ、このタイヤ一番小さいサイズで185/65R15と言うサイズしかなくデミオには少し大きく重たいタイヤとなります。
事前にダートラ場でテストを行い、やはり重さを感じたものの加速のデメリットをコーナーの安定性の方が上回ると判断して採用。

SS1の感触としては加速で少し苦労はするものの、タイムも大きく悪くなくSS1では6番手タイム。
もう少しプッシュするれば上位とも十分戦えそうな感じだったので選択は間違いではなかっかなと思ったのですが…。

登りがキツイSSや轍が深くタイヤ抵抗が大きいSSではその重さが枷となり思うようにタイムが伸ばせずじりじりと順位を落とす結果に。
ベストタイムを狙って走ったスポーツランド信州でも3番手タイムという結果に。
Leg1(1日目)終了時点で9位のポジションに。

Photo:熊谷 泰三
Photo:熊谷 泰三

そこでLeg1最終サービスで2本だけ持ち込んでいた87Rという88Rの前モデルをフロント2本だけ履くことに。
このタイヤは、185/65R14というデミオが履きなれたサイズがあるので加速に関しては文句なしのはず。
リアが大きいタイヤのままなので、サービス隊に車高とアライメントをあわせていただき、Leg2に備えます。

Photo:熊谷 泰三
Photo:熊谷 泰三

前後サイズの違うタイヤ、そして87Rは2本しかないのでバーストしたらその時点でかなり厳しい戦いになるのは承知でしたが、一つでも順位を上げるために攻めの選択です。

そしてタイヤ交換後最初のSS10、タイヤは当たりと思えるぐらい加速してくれるしマシンもフロントタイヤが引っ張ってくれるので安定したコーナーリングが出来て、かなり気持ちよく走る事が出来ていたのですが、2Km地点の大きなギャップがあるジャンクションのヘアピンにてドライブシャフトを折ってしまいました。

このSSで8位の選手との差を一気に詰めておきたかったため、少し焦ってアクセルオンをしてしまった結果車に無理をさせてしまったようです。

せめて1本だけでも走りきって88Rと87Rのタイム比較をしておきたかっただけに、残念な結果となりました。

車の方は、SS離脱後サービス隊にきていただき、その場で修復。
すぐに復旧できるトラブルだけに悔しいリタイアでした。
IMG_8453リサイズ

さて、走りの方は残念な結果となってしまいましたが、チームゼウスジャパンではギャラリーの皆さんとラリーを楽しみたい!という事で今回色々なことを試してみたのでそのご紹介も!

コ・ドライバーのジャッキー・藤上選手が第1戦からタンバリンを振っているのはご存知?の通りなのですが、今回はギャラリーの皆さんと一緒にシャンシャンしたいと思い110個のタンバリンをギャラリーの皆さんに配らせていただきました!
MCの方々の盛り上げのお陰もあり、ギャラリーSSではシャンシャン振って頂きました。
皆さん楽しむことは出来ましたでしょうか?

また、サミーステージではジャッキー選手がタンバリンと「何」を振っているか?
というクイズを出し正解者にはグッズプレゼントというものを実施したのですが、6名の方が正解。
クイズ参加ありがとうございます!
答えは「焼き饅頭」でした(笑)
35051142_660285867657878_5412856882677153792_n

セレモニアルスタートやリエゾンでも振っておりました。
実はこれオーダーメイドで千明自動車の湯澤さんに製作をしていただいた世界に2本しかない焼き饅頭ぬいです(笑)

その他、応援サポーター向けにサービスご飯体験としてシェフ山田が作る美味しいサービスご飯を提供。
みんな大好きナポリタンやチーフメカニックからコレは絶対作って!と要望が入る美味しいワッフルなどを食べていただきました。
お味はいかがでしたでしょうか?
IMG_8403

IMG_8405

またファンの方から餃子の具が入っている美味しいソーセージや
IMG_8401

ストレート100%のスゴーク美味しいりんごジュースなどの差し入れを頂き、ものすごく充実した食生活でした(笑)
IMG_8433

デザートも手作りプリンでばっちり!
IMG_8440

今回の諏訪コラボ食材は「かりんジュース」を提供
かりんはマルメロともいうそうなのですが、このマルメロの産地で諏訪は有名なんです。
その特産品のマルメロをシロップにした「かりんシロップ」を薄めることで美味しいジュースが出来るんです。
程よい甘さで疲れた身体に凄く美味しいかったです、皆様も是非、諏訪に遊びに行ったらお土産にどうぞ!

今回ご提供させて頂いた「かりんシロップ」はこちらの製品諏訪市のお隣の茅野市の会社さんの製品です。

今回は残念な結果ではあったのですが、ここ最近の特訓の成果は徐々に出てきていていると実感できました。
次戦の全日本ラリーの予定は8月福島の予定です。
更なるレベルアップをして望みたいと思います!

和田選手・大野選手の関東地区戦ダートラ第4戦の報告です。

私の報告は先日しましたが、一緒に参戦していた和田選手・大野選手の結果報告となります。

イベント名:JAF関東ダートトライアル選手権 第4戦
プラムカップ in 丸和
開催日:2018年5月20日
開催場所:丸和オートランド那須
路面:ドライ
第4戦コース

ドライバー:和田 悟
車両名:ZEUS☆MAXIMミラージュ
結果 : S1クラス 3位/8台
和田さん第4戦

好調の和田選手が地区戦S1に腕試しのつもりで気楽に参戦。
コースは島周りありテクニカルありの難しそうなコース。

1本目はテクニカルコース侵入でミスをしてしまったもののトップタイム更新で1本目終った段階で3位
本人も驚きの結果に。

2本目も気負いすぎずに走ったもののタイトコーナーで突っ込みすぎてしまいやってしまった感があったもののトップタイム更新!
最後に上位2台にタイム更新されてしまうものの、3位入賞!
JAF地区戦で初の入賞&表彰台という結果に。

おめでとうございます!

絶好調の和田選手ですがまだまだ改善余地ありと反省もきっちり!
これからどんどん速くなりそうです!

ドライバー:大野 栄治
車両名:SRTフックス✩ゼウススイフト
結果 : PN1クラス 3位/16台
大野さん地区戦第4戦

1本目は砂利の部分履けている部分が混在する路面でタイヤ選択が難しい路面でしたが大野選手はウェットタイヤを選択、ミスはあるものの無難に走行しトップから3秒弱落ちの6位とまずまずの結果。

2本目はフロントにスーパードライタイヤを使い勝負に出ます!
しかし砂利があるコーナーでラインを大きく外してしまいタイムロス。
ですが、9秒タイムアップしてトップとも1秒弱というタイム差まで詰め寄ることが出来3位となりました。

大野選手JAF地区戦では久々の表彰台です!
おめでとうございます!

大野選手もこの結果に満足せず、楽しく走れたものの課題も残ると反省もきっちり!
とはいえ、最近結果が出ていなかっただけに嬉しい表彰台となったようです。

和田選手の丸和カップ第2戦の報告!

丸和カップで今年M1クラスチャンピオンを目指す和田選手から参戦レポートを頂きましたのでご紹介です。

イベント名:丸和カップ第2戦 Who is the fastest part1
開催日:2018年5月13日
開催場所:丸和オートランド那須
路面:セミウェット
車両名:ZEUS☆MAXIMミラージュ
結果 : M1クラス 1位/12台

きました!和田選手優勝です!
和田さんM1優勝

コースはパワーがものを言うストレートから始まり、高速コーナーが続くハイスピードコース。
車両的に厳しいか?また天気予報も雨が降るかもと天候も気になる1戦となったようです。

1本目は同じクラスのPN1車両に負け、2本目はPN車両には勝ちたい!と挑んだのですが、微かな雨の影響で舗装部分の路面が滑りミスを数回、PN車両に勝てない結果に。
それでも2位のタイム。

そして3本目、雨がパラパラと降っているものの大きくは崩れないような天気で各選手タイヤ選択でかなり迷ったようですが和田選手は74Rと自信を持って選択。
和田選手、上手くまとめられたなぁ~と手ごたえある走りでトップタイム更新!

そしてそのままトップを維持して競技終了!
初のM1クラス優勝を勝ち取りました。
和田さんM1優勝盾

和田選手M1クラス初優勝おめでとうございます!

リザルトはこちら

関東地区ダートラ第5戦参戦してきました。

2018年JAF関東地区ダートトライアル選手権 第5戦
2018はと車ダートトライアルに参加してきました。
IMG_8369

車のセッティングはだんだんとよくなってきており、楽しんで走ることが出来ました。
結果の方はS1クラス6位。
順位の方はまだまだですが、ミニクーパーではダートトライアルの公式戦初入賞になります。
IMG_8363

入賞記念にインカーをアップさせていただきます。
カメラ位置を変更したので少しは見やすくなったかな?

まだショックがぴょこぴょこしているのでショックの仕様変更をしてこれが収まればもっとタイムは出るはずです。

本当はこの大会用に使う予定だった88Rが前回の丸和練習会でバーストしてしまったので、今回は練習用の山なし87Rで走行。
ちょっと山が無さ過ぎてトラクションが掛かりませんでした。
IMG_8333

さらに、前走者トラブルにより2本目再出走という自体に。
そもそも最後の1本タイヤが持つか?という状態だったので厳しい戦いとなりました(笑)

ドライビングの方もまだまだ改善余地があり伸びしろは沢山あるので今後が楽しみです。
とはいえショックの仕様変更は全日本野沢あとぐらいにタイミングが取れるかどうかといった所です。

次はデミオで今週末の全日本らりー選手権モントレーに参戦!
ミニクーパーでの戦いはその翌週の全日本ダートトライアル門前になります。

お近くのかたは是非遊びに来てください。

モントレー観戦情報
門前観戦情報