2018年全日本ダートラ第6戦 野沢の走行動画公開!

広告

2018年全日本ダートトライアル選手権 第6戦 NOZAWAダートトライアルのゼウスジャパン♪ミニクーパーの走行動画を公開しました!

Photo:越智 瑞穂
Photo:越智 瑞穂

今回は、アームが折れるというトラブルのかなでの走行。
是非、音に注目してみてください。
段々とダメージが大きくなっていくのが分かります。

1コーナーの横っ飛びもご注目(笑)

動画内の題名が間違っていたので修正版もアップロードしました。
横っ飛びが分かりやすくズームしてみました。

広告

2018全日本ダートラ第6戦の参戦報告です。

2018年全日本ダートトライアル選手権 第6戦に参戦してきました。

Photo:鈴木 重紀
Photo:鈴木 重紀

イベント名:2018年 全日本ダートトライアル選手権 第6戦 NOZAWAダートトライアル
開催日時:2018年7月7~8日
開催場所:モーターランド野沢(長野県高井戸群野沢村)
天候:公開練習 曇り時々雨、決勝 晴れ
結果:SA1クラス 9位/14台(1台不出走)

走りなれた野沢でしたので、よい成績を残したいと挑んだ野沢ラウンド。
とはいえ気負いすぎて空回りしないようにきっちりと走る事を意識しました。

前日練習では、逆に積極的に攻めた走りを試して見て決勝に向けて走りの確認をすると共にリズムを作っていきます。

本番1本目、慣熟歩行でイメージした通りの走りができ、もう少し攻められたかなと部分はあったもののミスなく走りきりトップから2秒差の8位。
まだ、足のセッティングが出来ていない状態なので、まずまずです。
野沢後の仕様変更が楽しみになる結果。

Photo:加藤 仁
Photo:加藤 仁

午後は路面が荒れる事が予想されて、どうなるかと思いましたが、SA1より前のクラスはタイムアップしているので、2本目勝負になりそうです。

現状のミニでは荒れた路面では少し不利な部分がありましたが、1本目の走りを基本にしつつ、さらに攻めて順位を上げるべくスタート。

1コーナーはノーブレーキで曲がり一気にストレートを下って、ストレートエンドには目で見て分るうねりがありましたが、一気に突っ込んでいきます。

うねりでリアが大きく跳ねて、着地。

と、その時フルバンプの音とも違う、甲高い金属音がリアの足回りからしました。
あっ、なんか壊れた!と思いつつも、様子を見ながら下の島を回り、「曲がる」、「進む」が出来ることを確認。
車の破損を気にするよりも、慣熟のイメージ通り走る事に集中して攻めていきます。

が!、上の島周りを回って下り始めたところで、リアの足が完全に壊れタイヤがボディーをすり始めました。

ここでリアタイアという選択もあったとは思うのですが、ミニは前に進んでいるしやる気に満ちています。
リア足なら何とかなると思い、そのまま全開で走行。

Photo:鈴木 重紀
Photo:鈴木 重紀

ともかく慣熟で作ったイメージ通りに走る事だけを考えアクセルを踏んでいきます。
段々とリアの音が大きくなっていますが、ともかくゴールまで!
最終コーナーでは完全に足を引きずる形となってしまいましたが、無事ゴール!

Photo:加藤 仁
Photo:加藤 仁

走り自体にはミスもなく、自分に出来るベストの走りは出来たと思いましたが、この時点で2番手タイム。
流石に足を引きずりながらでは、これが限界でした。
その後、後続ゼッケンにタイムを追い抜かれ、9位という順位となりました。

破損した右リアは、スイングアームのショック取り付け部が割れて、ショックが外れ、車高が下がりボディーとタイヤが接触して最終的にはショックを引きずりながら走行、アームが折れ、ブレーキラインが切れと満身創痍の状態でのゴールとなりました。
IMG_8734

そんな状態でしたがミニは最後まで頑張って走ってくれました。
途中でリタイアしていたら11位でポイントも取れなかったので、なんとか走りきってよかったです。

タイムの方は、トップとは3.6秒差と少し離れてしまいましたが2位とは2秒差、6位入賞圏内までは1.3秒と車の状態を考えれば、十分入賞が狙えるレベルにはなってきたと感じる事が出来たのは収穫でした。

次の第7戦、京都府のコスモスラウンドはスキップですので、しっかり車を修理し第8戦今庄に挑みたいと思います。

引き続き応援の程よろしくお願いいたします!

・おまけ
今回もラリー観戦の方がダートトライアルに始めて観戦に来ていただいたりして、色々な方がパドックまで遊びに来ていただきました。
ラリーとはまた違うダートラを楽しんでいただけたようで嬉しく思います。

ジャッキーも応援に来てくれて、小雨を降らせて帰って行きました(笑)
IMG_8728

丸山選手のラリーの思い出紹介です。

今週水曜日にゼウスジャパンに丸山選手が訪問していただき渋川ラウンドの報告書を頂きました。

その報告書の中で、女性らしいラリーでの思い出というコーナーがありますので、ご紹介させていただきます。

渋川の思い出
渋川

4月に行われた茅野ラウンドの思い出も今更ながらですが一緒に紹介です(笑)
茅野

ラリーでの遠征は一種の旅のような部分もあるので、こういう思い出という感じでまとめるのもまた楽しいですね。
丸山選手の次のラリーの予定は福島ラウンド、福島の思い出も今から楽しみです!

和田選手の丸和カップ第4戦の報告です。

イベント名:2018年JAF東北ダートトライアルシリーズ第4戦 丸和カップ第4戦 AERA-B SUPER DT
開催日:2018年7月1日
開催場所:丸和オートランド那須
路面:ドライ
車両名:ZEUS☆PAOMSミラージュ
結果 : M1クラス 2位/11台中
2018和田さん丸和カップ第4戦

和田選手M1クラス2連勝中の丸和カップ、シリーズ優勝目指して今大会も参戦。
しかし残念ながら優勝を逃して2位でした。

和田選手のコースレイアウトを見ての感想は、

今まで走った中でも一番の高速レイアウト。
パワー差がかなり効いてきそうで、ミラージュには若干不利かと不安になります。

というコースでの戦いとなりました。
2018和田さん丸和カップ第4戦コース

・1本目
曇り。
前戦の野沢に比べると非常に落ち着いて走れました。

大ヘアピンで突っ込み過ぎてちょっと振られ、インに付きすぎて水溜まりに突っ込み視界不良になったり、
ダンロップヘアペンからインフィールド抜けての島回りはやっぱりあんまり上手くないなー、と言う印象。

レギュラーメンバーからは4秒差をつけてゴールったのですが、スポット参戦の選手に2秒も負けてしまいました。

・2本目
曇り。
スポット参戦の選手に千切られた事がかなり悔しいので気合いを入れて行きました。
前半は中々上手く決まって中間ベストを叩き出しましたが、後半で落としてしまい、また2秒弱の差がついてしまいました。

いつものライバルは2秒の差をつけているのでで、走り自体は悪くはないと思うんですが...。

・慣熟歩行
砂利が一部残ってはいますが、4WD勢が頑張ってくれたお陰か、久々にとても広い幅で砂利が掃けました。

日がガンガンに照っていれば絶対にスーパードライ!な路面でしたが、路面温度は上がってません。
ここは87Rで行くことに。

・3本目
スタートして1コーナーに気合いで入ったら轍から弾かれてしまい失速。
あーこりゃ勝てないかなー?なんて邪魔な考えが浮かびましたが何とか気持ちを持ち直して走りました。
大失敗はしてないつもりですが、久々にサイドを使おう!と走ったらちょっとタイミング外したりで余り上手くはまとまらず。

結果スポット参戦の選手に2.7秒やられての2位に沈みました。

という事で、3連勝して勢いに乗りたかった和田選手ですが、まさかの伏兵にやられてしまったようです。
とはいえ、この選手M1クラスながら2WDオーバーオールだったとのことで、和田選手の内容が悪かったというよりも、相手が速かったということですかね。

とはいえ、レギュラー勢の中ではトップの順位ですのでかなりシリーズ優勝も現実味を帯びてきた和田選手、是非後半戦も良い成績を出してシリーズ優勝していただきたいですね。
和田選手の応援よろしくお願いいたします。

プレイドライブ2018年8月号発売中です。

プレイドライブ2018年8月号発売中!
pd201808

今月の見所は、まずは「リアルOVER DRIVE」でしょう。
そう、先日の全日本ラリーと併催されたJSRに映画の撮影に使われた「ヤリス」が実際にラリーを走りました。
クルーもメカニックも映画の衣装で参戦!

そして他にも色々と気になる記事はあるのですが、私おススメは「俺たち個性派!マイナー車両で全日本戦を戦う理由」という特集。

ここでは、ジムカーナで戦うひでき選手のF56ミニJWCと私、権田がダートラで乗っているR56ミニクーパーSがそれぞれ1ページを使って紹介されています。

是非是非見て下さい!(笑)

そのほかにも勝つためのタイヤ選びダートラ編とというコーナーがあり、タイヤメーカーの話やトップドライバーのタイヤ選択の話などこれまた興味をそそるテーマの記事があります。

ミニも乗っていますし今月号は特におすすめのです(笑)

ご購入はこちらから
ゼウスジャパンWeb本店
Yahoo!ショッピング店

TGRラリーチャレンジ渋川ラウンド丸山選手から参戦レポートを頂きました

イベント名:TOYOTA Gazoo Racing Rally Callenge in 渋川
開催日:2018年6月24日(日)
開催場所:群馬県渋川市周辺
SS本数:6本(ターマック)
車両名:ZEUSJAPAN諏訪姫Vitz
クラス:E-1クラス(NCP91/131限定クラス)
クルー:丸山 未知可/柾田 瞳
結果:E-1クラス(NCP91/131限定クラス) 11位/12台中

Photo:佐藤 良孝
Photo:佐藤 良孝

TGRラリーチャレンジ東シリーズの2戦目となる今大会は、茅野ラウンド、勝山ラウンドに引き続き90台フルグリッドという参加台数となりました。
前回の茅野ラウンドより上位を目指し挑んだ、丸山/柾田クルーの戦いはいかに!

前回の茅野ラウンドはグラベルでしたが、今回はオールターマックという事で足回りとタイヤを変更しターマック仕様で挑みました。
SSは群馬らしくハイスピード区間やテクニカル区間が混ざり非常に難易度が高いコース。

今大会はスタート前から緊張状態にあった丸山選手ですが、スタート後もペースノートが合わずリズムよく走れないまま午前中の3本が終了。
サービスをはさみ、気持ちを切り替えSS4は落ち着いて走り午前よりタイムアップ。
SS5もこの勢いでと思ったのですが、少し気合が入りすぎてミスが目立ちタイムダウンという結果に。

丸山選手自身も納得のいく走りが出来ないままフィニッシュ。
リズムに乗り切れない大会となってしまったものの完走し1ポイントを獲得。

今大会で反省点が色々と出てきた丸山/柾田クルー。
次戦までは少し時間があるので、反省点を生かし成長した姿を次戦では見せてくれることでしょう。

次戦はTGRラリーチャレンジ福島ラウンドとなります。
是非、応援の程よろしくお願いいたします。

和田選手の関東地区ダートラ第6戦の報告です。

イベント名:JAF関東ダートトライアル選手権 第6戦
ロードナイトダートトライアル
開催日:2018年6月24日
開催場所:モーターランド野沢
路面:ドライ
車両名:ZEUS☆MAXIMミラージュ
結果 : S1クラス 11位/12台(1台不出走)
和田選手地区戦第6戦

朝からリアブレーキの不調がありSAでチェック、修理をしながら「行くな」という啓示か?という不吉な予感を抱えて参戦した第6戦。
朝のトラブルで受付には間に合ったもののギリギリになり、落ち着きのない朝となった和田選手。
さてどんな内容の大会となったのでしょうか。

・1本目前慣熟歩行
ちゃんとならしてあるので砂利は出てきそうな雰囲気です。
この前の野沢以上にイメージが付かず、慣熟歩行2周しました。

・1本目
スタート待ちの並んでいるときに前走車の車両トラブルが多発し、長時間の待ち。
何となく落ち着きを欠きます。
走り出してインフィールドに入ったら2速で引っ張れると思ったところが失速してしまったにもかかわらずそのまま引っ張り続けノロノロな印象。
リズムが狂ってしまい気がつけばコースが飛んでしまいました。
右、左、と思っていた場所で違う轍に反応してしまい右、右と走行。
バックしてコースに戻りゴールしたものの規制を大幅に越えてしまっていたのでミスコース判定。

・2本目前慣熟歩行
さっきの所を重点的に。
もう1周したいところでしたが、暑さでちょっと危険な感じがしたのでやめてしまいました。

・2本目
またまたスタート待ちで車両トラブル連発。
4回転クラッシュ車両が有り、長時間の待機。

スタートしたらちょっとした忘れ物に気付きプチパニック。
大丈夫、と思いつつも気持ちは落ち着けられず、気がつけば何処を走っているか分からなくなり、行き当たりばったり有視界走行。

土手の切れ目を勘違いしてラインを外しモフモフゾーンに直行。
パイロンとコースカメラから目が離せず、そのままそちらに真っ直ぐオーバーラン。
パイロンもカメラも無事でしたが、もはや曲がり切れないところまで行ってしまいバックギアでコース復帰。

何とか完走はできたものの出走中最下位と言う結果になりました。

今思えば無事に帰れて良かったな、とすら思う程落ち着きの欠いた大会となりました。

とのいう事で、朝からなにやらバタバタしてそのまま一日が終ってしまった感じの大会となってしまったようです。
ミスコースやバックギアを使ってしまうミスの後悔よりも無事に帰れてよかったと言う気持ちの方が強いぐらいだったとのことなので、こういう日もあると思って、次回は楽しく走ってもらいたいものです。

何はともあれ、まずは無事完走!
和田選手お疲れ様でした。