ラリーサービスに参加参加してきました。

広告

少し前の話になってしまいますが、6月15日(日)に「群馬県ラリーシリーズ第2戦 あさま隠山岳ラリー2014」にサービス員として参加してきました。

参加したのは、私が所属するチーム員の大学生。
ラリーデビュー戦です。

ラリーはドライバーとして参加するのには事前準備などが少し大変でジムカーナやダートトライアルに対して少し敷居が高い競技ではあるのですが、参加するだけならサービス員として結構気軽に参加できる競技でもあります。

今回も1台の参加車両に対して9人ほどサービス員があつまり、わいわい楽しく参加してきました。
また、ラリーのサービスって車を送り出すと待ち時間が結構あるので、その間はバーベーキューしたりと結構のんびりしていたりします。

なかなか他の競技にはない楽しみ方が出来るのがラリーかなと思います。

そしてチーム員の大学生は無事完走しました。
若者が頑張る姿を見ると応援したくなると共に、まだまだ負けられないなぁと思います。

あさま隠山岳ラリーサービス

広告

プレイドライブの取扱い開始しました。

B級ライセンスのための雑誌「プレイドライブ」の取扱いをゼウスジャパンにて開始しました。
ゼウスジャパンはネット販売を主にやっているわけですが、当然プレイドライブも「Yahoo!ショッピング」、「楽天市場」で買える様になったということです!

気になるあの記事が載っている号だけの購入もOK。
B級モータースポーツを応援するゼウスジャパンとしては、よりプレイドライブが身近に感じていただければ幸いです。

私もプレイドライブが切っ掛けで競技を始めたのでその恩返しが少しでもできればと。

2014年7月号から販売開始です。
下記でご購入可能です。

・Yahoo!ショッピング
・楽天市場

アマゾンでも販売する予定ですが、JANコードやISBNコードが現在のプレイドライブにないのでアマゾンに問い合わせ中です。

2014年全日本ダートトライアル第3戦 スナガワ 走行動画

2014年全日本ダートラ第3戦スナガワの走行動画です。
自分で見直しても、まだまだな走りと反省点がたくさんありますね。

次戦までに修正してもっとタイムが出るようにしたいと思います。

PN1クラス ゼッケン1番 権田哲也 1本目

PN1クラス ゼッケン1番 権田哲也 2本目

2014年JAF全日本ダートトラリアル第3戦に出場してきました。

全日本ダートトライアル第3戦 北海道ダートスペシャルinスナガワに出場してきました。

8年ぶりぐらいの北海道、2度目の上陸です。
行きのフェリーは低気圧の影響で海が荒れていてかなり結構酔いました。
大洗から苫小牧まで18時間の旅でしたが、午前中はもうぐったりです。

午後になり少し海が穏やかになり、散歩したりしました。
フェリーの人いわく、あのまま波が高かったら苫小牧への入港も危ぶまれていたそうです。

夕方にはこんな夕日も見ることが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、サービスカーを現地調達そのためデミオに荷物を積む必要があったので「3Dルーフバック」が大活躍しました。
タイヤ8本に工具や、着替えなどをなんとか積み込むことが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゼッケンは1番 参加クラスはPN1クラス 車両名称は「スポルテックSSRゼウスデミオ(スポルテック シルバーストンレーシング ゼウスデミオ)」です。
プログラムの都合上文字は15文字に制限されますが、アナウンスではフルネームで呼んでくれます。
車両名にはスポンサー名が入るのでありがたい事です。

折角なので相棒とも記念撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めての全日本ダートトライアルに初めてのスナガワというコース。
緊張しすぎたり、気負いすぎたりするとよい事がないので、今回は慎重な走りに徹しました。
まあ、1番ゼッケンで轍もないのでミスコースにだけはならないようにと(前日練習でダートラ初のミスコースをしてしまいましたし)

1本目はPN1クラス12位。
13台エントリーなのであまりほめられた順位ではないですが、PN1のほとんどの選手が全日本レギュラー選手と考えるとまずまずの順位です。
最悪は一人だけ落ちこぼれのようなタイムの可能性もありましたから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2本目はタイムを出すために攻めの姿勢でタイムアップを狙いたいところですが、2本目も堅実な走りに徹しました。
結果としては、PN1クラス11位でした。
ポイント獲得の10位以上は取りたかったところですが、今の自分の走りでどの程度の位置に付けることが出来るのかが分かった貴重な1戦でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第4戦の門前はキャンセルして第5戦の切谷内で全日本ダートトライアルに再度挑戦する予定です。
今回よりも台数が多くなる事が予想されるので、スキルアップして今回より良い順位が取れるように精進してきます。

北海道に向けて出発です。

土曜日の前日練習、日曜日の本戦に向けて本日夜より北海道へ移動開始します。

時間的に早いのは、青森まで車で行ってしまうルートですが、体力温存のため意気は大洗からフェリーで八戸まで行きます。

宿泊は砂川より北上して旭川を拠点にする予定。
さて、頑張ってまいります!

全日本ダートトライアル選手権第3戦の受理書来ました。

GWはダートと舗装の練習に行ったりしてました。
ブログネタはあったのですが、マシントラブルやらクラッシュやらでバタバタしていたらあっという間に日にちが経ってしまいまいた。

そして先日、「2014年JAF全日本ダートトライアル選手権第3戦 北海道ダートスペシャルinスナガワ」の受理書が届きました。
はい、5月25日に全日本ダートラに参戦してきます。

2014スナガワ受理書

今までは、サービス隊として参加したことはありますが選手として走るのは初めてです。
ゼッケンは先頭ゼッケン1番。
なかなか付けることがないゼッケンなので、少し嬉しいですね。

クラスはPN1、車両名はスポルテックSSRゼウスデミオ(スポルテック シルバーストンレーシング ゼウスデミオ)になります。

全日本というダートラの日本最高峰の大会を楽しんで来たいともいます。

あと北海道の海の幸も楽しみです!

ショップツアー2014Rd2と前日練習会に参加してきました。

4月19日土曜日は、丸和オートランド那須でダートラの練習をしてきました。
やっと治ったランサーのテスト走行を兼ねての練習です。

結論としては、足回りとデフのセッティングはまずまずの仕上がりでした。
まだまだ物足りなく感じる部分はありますが、小さな問題なので調整で解決できる範囲です。

こちらが走行動画。

そして20日日曜日はショップツアーRd2でした。
ショップツアーというのは、土系ショップさんが主催を行っているダートトライアルイベントでライセンスも不要のお気軽レースです。
ただ、上級レベルのドライバーも参加することがあるので、力比べをするのにも大変面白いイベントです。

こちらにはデミオで参加。
全日本ドライバーの木島選手に勝つべく走りましたが、残念ながら惨敗。
まだまだ修行が足りません。

そんな感じで、週末はダートラ漬けな日々を過ごしていました。

・今回参加したイベントはこちら
ショップツアーシリーズ

HANS投入

今年のモータースポーツ参戦にあたり、安全装備について考えたところ、HANSを投入することにしました。
上位カテゴリーでは義務化もされている装備ですが、下位カテゴリーやダートトライアルではまだ一般的な装備ではありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安全装備というのは、いざというとき自身の体や命を守るものですが、タイムに影響するアイテムではないこともあり、義務化されないとなかなか普及が進まないのというのが現実問題としてあります。
特にHANSは気になる人は多いとは思うのですが、価格面で導入に踏み切れない人が多いアイテムであると思います。
HANS導入するお金で、新品タイヤ1セットと思う人も多いかと(笑)

ちなみにHANSというのは、首を守る安全装備です。
クラッシュしたとき体はシートベルトでシートに固定されていますが、首はフリーのため、体はシートに押さえつけられるものの首はそのまま衝撃を受ることになります。
ご存知の通り人間の頭部は結構な重さがあり、その重量とクラッシュ時の衝撃は人間の首を数十センチ伸ばすと言われています。
一般道での事故でも鞭打ちになる人が多いように首は結構ダメージを受ける箇所です。
そんな首への負担を減らす目的でHANSはあります。

構造としてはシンプルでクワガタ状のデバイスをシートベルトと自身の間に入れることでシート側にシートベルトで固定。
このデバイスから伸びる紐をヘルメットに繋ぐことで、首の伸びを防ぐというもの。
一般車の場合は、エアバッグがこの役割を果たしますね。

ただ、レースカーの場合エアバッグは使用しない事がほとんどなので、HANSの出番というわけです。

ゼウスジャパンでは、HANSを実際に使った素直な感想をお伝えしていきたいと思います。
その使い勝手は? 邪魔で肩凝る? などなど気になる情報を一ユーザーとしての視点でお伝えしていきます。

今回、導入したのは「STAND21 CLUB 20°」です。
HANSの中でも一番価格が安い部類、安全性能は上位クラスと遜色ないFIA公認の品ですがFRP製ののため少し重めの製品です。
廉価版とはいえ、それなりの値段がする製品ですので専用袋が付いているのがいいですね。

セット内容。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

袋に入れた状態。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残念ながらゼウスジャパンではHANSの取り扱いをしておりません。
ご購入の際は、RACさんを是非ご利用下さい。

2014年全日本ダートトライアル 第1戦を観戦してきました。

2014年JAF全日本ダートトライアル選手権 第1戦を3月23日の日曜日に観戦してきました。

全日本の名の通り、ダートトライアルという競技では日本最高峰の選手権になります。
参加台数も160台とこれまた非常に多い大会です。

ダートトライアルという競技は、未舗装路のサーキットコースをタイムトライアルする競技です。
合計2本走り、1番速いタイムを出した人が勝つという、非常にシンプルな競技でもあります。
車の性能別にクラスが分けられているので、様々な車が走るのも面白いです。

未舗装路ならではの高速ドリフトなどが見所ですが、非常にスリリングな競技で、土手に乗り上げて片輪走行や、転倒してしまうこともあります。
当然安全装備を万全にした上で競技が行われるので、転倒しても大怪我するということは稀であるので、その点はご安心を。

こんなところで行われます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界のトシアライのデモランがあったり。
P3239802

電気自動車も走ります。
P3239720

もちろんハイブリッドも
P3239995

コンパクトカーも
P3239948

舗装サーキットとはまた違う魅力がありますので、見た事がないという方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

ファーストエイド&レスキュー講習会に行ってきました。

2014年3月9日の話になりますが、JMRC関東 埼玉支部主催のLSOが行うファーストエイド&レスキュー講習会に参加してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LSOとは「Motorsport Life Saving Organization(モータースポーツ・ライフセービング機構)」の略で交通事故や怪我の応急手当の普及を行っている団体になります。

LSOホームページ

モータースポーツは安全を第一としたレギュレーションの下に行われる競技のため、イメージほど危険なスポーツではないのですが、やはり人間の能力を大幅に超えるスピードで行っているため、万が一という場合は考えなくてはいけません。

また、モータースポーツ以外の場面でも、人を助けるということでは共通して役に立つ技能ですので、身に着けておくことは非常によい技能です。

内容としては、救急時の心肺蘇生のやり方や、外傷の応急手当のやり方などになります。
救急車を呼んでから、救急のプロが到着するまでの時間をいかに繋ぐかというのが目的の講習会です。

これら講習会は、一般の方も受講できます。
詳しくはLSOのサイトなどを見ていただければと思います。
また、各都道府県の消防庁などでも同様の内容の講習会が行われている場合があります。

興味がある方は、調べてみては如何でしょうか。

受ける前は時間もかかるし大変かなと思っていましたが、受けた後は受けてよかったなと素直に思えるよい講習会でした。
お勧めです。

モータースポーツをより身近に感じてもらうために。