zeusjapan のすべての投稿

丸山選手のTGRラリーチャレンジ茅野ラウンドの報告です

広告

TGRラリーチャレンジに今年も諏訪姫Vitzで参戦する丸山選手から報告書をいただいたのご紹介です。

Photo:arumo2

エンジョイラリーを第一に参戦する丸山選手は今回ラリー初参加となる宮嶋選手をコドラに迎えての参戦となりました。

最終SS手前でメガネが破損するというトラブルがあったものの無事に完走しました。

宮嶋選手は現在自分の車も準備していて、TGRラリーチャレンジ渋川にエントリー予定、宮嶋選手の応援もよろしくお願いいたします。

丸山選手の報告書かこちらです。
TGRラリーチャレンジin八ヶ岳茅野参戦レポート
茅野の思い出コーナーも是非楽しんで下さい!

広告

2019年 全日本ダートトライアル選手権 第2戦に参戦してきました。

イベント名:2019年 全日本ダートトライアル選手権
                      第2戦
RASCAL SPRING TRAIAL IN KYUSHU
開催日時:2019年4月6日~7日
開催場所:スピードパーク恋の浦(福岡県福岡市)
天候:公開練習 晴れ、決勝 晴れ
結果:SA1クラス 11位/15台
車両名:ゼウスジャパン♪ミニクーパーS

Photo:Mitsuya Suzuki

そう11位でした、ポイントゲットならず。
10位まで0.154秒差、6位までも0.8秒差十分ポイントも入賞も狙えたのに取れませんでした...。

原因ははっきりしていて、自分のドライビングミスです。
恋の浦はテクニカル区間があるのですが、そこでことごとくミスをしてしましました。

きっちり車速を落とさなければいけないところをほんの少しオーバースピードで入ってしまい、結果アウト側に膨れて加速できずを4回...。

これでは駄目です、より修行しないとです。

Photo:Mitsuya Suzuki

反省の意味もかねてスキップ予定だった第3戦も参戦します!!

次こそはよい結果を出せるように。

今回はアバルトvsミニ企画の変わりにガラポン企画をやってみました。
急ぎの準備でしたので十分な内容と出来ませんでしたが、今後もギャラリーの皆様に楽しんでいただけるようがんばります!

旅自体は天気もよくて楽しかったんですけどね~(笑)

2019年全日本ダートトライアル選手権第1戦に参加してきました。

イベント名:
   2019年JAF全日本ダートトライアル選手権第1戦
          DIRT-TRAIAL in NASU
開催日時:2019年3月16日~17日
開催場所:丸和オートランド那須(栃木県那須塩原市)
天候:公開練習晴れ、決勝晴れ
結果:SA1クラス10位/22台
車両:ゼウスジャパン♪ミニクーパーS
ドライバー:権田 哲也

Photo:佐藤 良孝

全日本ダートトライアルの2019年シリーズも開幕です!!
ミニも3年目成熟してきたので結果を出さねばです。

そして地元丸和がんばっていこう~と思ったら22台もエントリー。
SA1すごい人気クラスになってます。

でも負けるわけには行きません気合を入れていきます!

とはいえ、タイムを出してやろうとかいう気合の入れ方ではなく、自分がいま課題としている走りをキッチリ行う!!という自分との戦いへ気合を入れます。

Photo:Mitsuya Suzuki

前日練習は、大きなミスなく走行。
砂利も多く少し難しい路面だったともいますが、20台中9位とまずまずの結果。
ミニのセッティングがよくなったことと、ドライビングのスキルアップの両方がよくなっていることを感じることが出来ました。

そして、決戦の日曜日。
程よい緊張でよい状態で迎えることが出来たと思います。

1本目、スタートから中盤までは大きな問題なく走行できたのですが、ハイスピード区間に入る手前のシフトチェンジでシフトミス。
3速入れるはずが5速入れちゃって、3入れ直してたら弾かれて入らなくて~などやっていたら失速してしまって2速入れ直して再加速なんて事をやってだいぶタイムロスをしてしまいまいた。

Photo:Mitsuya Suzuki

さぞや下位に沈んだことと思ったら、22台中12位という結果。
キッチリ走りきれば上位も十分狙えるという感触をつかむことが出来ました。

とはいえここで欲をだすとミスをするので、あくまで課題をきっちりこなす事を忘れずに2本目を走ろうと決めます。

さあ、スターターが旗を持ち替えたのをみて後数秒後にスタートだ!と思ったところで前走車がトラブル!
そこで待ちとなりました。

最大まで高めていた集中力を一度リセット。
競技再開のタイミングを見計らって再度集中力を高めてスタート!

ともかく、こう走りたいというイメージを再現するように車をコントロールしていきます。
とはいえ、いろいろな要因でイメージどおりに行かない部分を修正しながら走りゴール。

Photo:佐藤 良孝

小さなミスはあるものの、走りきったと感じることが出来る走行でした。
結果は暫定3位で車両プールへ(3位までがプールされて再車検を待ちます)

まあ、とはいえこの後に昨年のシリーズ上位陣が走るわけでなので、あっけなくプールからリリースされタイムを聞きながら自分の順位を見守ります(やはり走りきった時点でトップにいないと厳しいです)
まだ4位、まだ5位、まだ5位とか数えていましたが、最終的に10位となりました。

結果は今一歩でしたが、走りについては十分得るものがあった1戦だったと感じることができました。

次戦恋の浦では上位を狙って行きます!


またチームゼウスジャパンでは、「ちっちゃかわいい対決!アバルト500VSミニ」としてアバルトとミニの対決企画を行いました。

ダートラって台数が多いので観戦初心者には分かりづらいという声もお聞きしたので、いっそ2台の対決に絞ってみたわけです。
シンプルに楽しめる企画としてのご提案。

チームパドックでの投票で、ちょっと分かりずらいかなぁとも思ったのですがMCの阿久津アナのアナウンスもあり多くの方に投票をしてもらいました。

またトラブルが多く、終了時間が遅くなったのにもかかわらず、多くの方に残っていただき、抽選を楽しんでいただきました。

また、RAC様のプレゼント企画(クイズに答えるとミニカーがあたる!!)も好評で、こちらも多くの方に楽しんでもらうことが出来ました。

抽選時にはミニは同乗走行をやっており、私はその場にいれず申し訳なかったのですが、同乗走行でもミニファンの方ともお話でき、またラリーで応援していただいた方がダートラにも来ておられ、たまたま同乗走行に当たったりと嬉しい出会いも沢山ありました。

みんなが笑顔になれる企画は今後も続けていきたいと思いますので、チームゼウスジャパンの応援引き続きよろしくお願いいたします~。

3月17日は全日本ダートトライアル開幕戦です。

今週末の3月17日(日)は全日本ダートトライアル選手権の第1戦の開幕戦!!

同日に全日本ラリー選手権も開催されておりますが、チームゼウスジャパンはダートトライアルのほうに参戦しております。

場所は、丸和オートランド那須(栃木県)になります。
チームゼウスジャパンパドックでは アバルトvsミニ対決やミニカーが当たるクイズなど開催しております。

どっちが勝つか予想して投票するだけ!

こちらはクイズに答えて応募するだけ!

どちらも、パドックウォークの間にチームゼウスジャパンwith諏訪姫のパドックで投票・応募をしております。

第2ヒート(2本目の走行)終了後10分後にどちらも抽選が行われます。
抽選に当たった人にプレゼントが渡されますので、是非是非最後までダートラを楽しんでください。

丸和にダートラ観にいくぜと予定している方はもちろん、週末予定ないな~という方も、是非遊びに来てください!

詳しい情報はこちらをご覧下さい。
・大会公式HP

2019年JAF関東ダートトライアル選手権第1戦参戦報告

ダートトライアルもシーズインの季節を迎えました。
まずは、 2019年JAF関東ダートトライアル選手権第1戦の参戦結果報告。

今シーズン、チームに加入した「山本伸明」選手の結果報告です。

大会名:2019年JAF関東ダートトライアル選手権第1戦
             FSCダートトライアル
開催日:2019年3月3日
会場 :丸和オートランド那須
主催者:フォレストスポーツクラブ(FSC)
天気 :曇りのち雨

山本 伸明選手
S2クラス:1位/18台

と競合ひしめくS2クラスで優勝!!

1本目はすべる路面のでしたがコントロールはしやすく、オーバーアクションになってしまったコーナーや大ヘアピンでハーフスピン状態になってしまうなどミスはあったものの、アクセル全開で立て直して走り、0.07秒差の2位につけ好感触の1本目となった山本選手。

2本目、気温が下がり路面も乾ききらなかったため1本目と同じタイヤをチョイス。
スタートこそ少し滑ってしまい失敗したものの、注意していた富士山コーナーの立ち上がりも成功し、大きなミスなく走行しキッチリ攻めゴール。

結果は2位との0.13秒差という本当に僅差で優勝!!
丸和での優勝は2013年9月以来ということで、本当に久々の勝利となった山本選手。
おめでとうございます!!

そして実は私もS1クラスで出ておりましたのでご報告です。

権田 哲也選手
S1クラス:10位/13位

前日練習から丸和入りして、課題としていた走り方もだいぶ身についてきて、かなり好感触をつかんでいたので結果を出したいところだったのですが、1本目スタートでドラシャを折ってしまいました...。

丸和特有の洗濯板と呼ばれる状態になっていたスタートだったので慎重なアクセルコントロールが求められるところだったのですが、ちょっと心が焦ったかアクセルを開けすぎました。

アクセル踏めーという気持ちと、冷静な部分で「あーこれ折れるかも」と思ったてはいたのですが、結果は折れました(笑)
幸い予備のドライブシャフトは2本ずつ持ちあるいているので2本目に備えて交換作業開始。

ちょっと久々の交換で時間を要してしまい、2本目前の完熟歩行が出来ず。
1本目のイメージと、何人かに路面の状況を聞いて、タイヤをチョイス。

ともかく2本目はドライブシャフトを折らないことを第1に走行しました。
練習で試していたことをきっちりやることを目標に走ったのですが、まだまだ精度が低く、オーバーランしてしまったり逆に手前で曲げすぎてしまったりで、精細に欠く走りとなってしまいました。

そして乗れていないときは何かしらホイールを壊す率が高い気がします、今回の犠牲者(笑)

とはいえ、やはり大会に出るといろいろと勉強になり、この糧を2週間後の全日本で生かしたいと思います。
3月17日(日)の全日本是非応援に来てください。

山本選手は、この後も関東地区戦ダートトライアルに参戦予定です。
他の選手も続々シーズンインしてまいりますので、チームゼウスジャパンの応援よろしくお願いいたします。

おまけで前日走行で素敵な写真を撮っていただいたのでご紹介
撮影者:ダートラしんちゃん様

Photo:ダートラしんちゃん

ほんと前日は調子よかったんですけどねぇ~(笑)
修行不足を痛感です。

アバルトvsミニクーパーS対決

全日本ダートトライアル選手権SA1では2台の海外メーカーの車両が走っているのをご存知でしょうか?

1台は当チームのBMWミニクーパーSそして、もう1台がアバルト500!

今回、そんなちっこかわいい2台の車に焦点をあてて、アバルトvsミニクーパーS対決を全日本ダートラ会場で行いたいと思います。

ルールは簡単、1本目終了後のパドックウォークにてチームゼウスジャパンwith諏訪姫パドックにて、配布される投票用紙にお名前(HNでも大丈夫)を記入して、この2台で勝つほうの車を選んで投票!(SA1全体での順位は問いません)

全日本ダートトライアルDクラス終了後に投票を行ったチームゼウスジャパンパドックにて、勝った車に投票していただいた方から抽選で1名に勝ったドライバーサイン入りのTシャツをプレゼントします!(Lサイズのみ)

今年のダートラはこのちっこかわいい2台にぜひ注目!

ダートラ観戦経験が浅くて台数が多くてどの車両を見れば分からない~という方は、まずはこの2台の戦いに注目して見てください。
SA1クラスの走行が終わると、結果が掲示板に掲載されますが、それまで待てない!という方は是非この2台のアナウンスされる暫定タイムをメモ!!

どちらが勝つかドキドキしながら是非観戦してください!!


アバルト500のTシャツデザインはこちら!!

ミニクーパーSのTシャツデザインはこちら!

これらのデザインのTシャツはこちらでも販売中!

ゼウスジャパンSUZURI店

チームゼウスジャパン会場プレゼント企画!!


Enjoy Motor Sports!!

ギャラリーの皆さんとも楽しむ!を目標とするチームゼウスジャパンからのお知らせです!!

今シーズンもチームゼウスジャパンを応援していただいているRAC様より素敵なアイテムを提供いただいたので、ギャラリーの皆さんにプレゼント企画を実施します!!

プレゼントの内容はこちら!!
「BMWミニクーパーR50の1/36ミニカー!!」

今でも根強い人気のある車種のミニカーです。
ダートトライアルを戦うゼウスジャパン♪ミニクーパーSの1世代前となるBMWミニ始まりの車です。

色は黒、赤、黄色の3色、どの色が当たるかは当たってからのお楽しみで!

そして3色LEDルームランプ
通常は白色ですが、スイッチ操作で青色やピンクに出来るLEDランプです。

プレゼントの方法は、大会会場のチームゼウスジャパンパドックにて簡単なクイズを出題!
その答えを書いて投票して、後ほど正解者の中から抽選でプレゼント!
※抽選方法等は変更になる場合があります。

クイズの答えはチームゼウスジャパンが会場で配っている車両カードにヒントがありますので、是非現地でカードをゲットしてください!

上記のプレゼント企画の開催会場は次の予定です。
ダートトライアルは決勝日に実施、ラリーは土曜日と日曜日にて、それぞれ開催予定!!

1.全日本ダートトライアル選手権 第1戦 DIRT-TRAIAL in NASU(丸和オートランド那須)3月17日(日)

2.全日本ダートトライアル選手権 第6戦 NOZAWAダートトライアル(モーターランド野沢)7月7日(日)

3.全日本ダートトライアル選手権 第7戦 ALL JAPAN SUPER DT(丸和オートランド那須)7月28日(日)

4.全日本ラリー選手権 第5戦 モントレー2019(群馬県嬬恋村周辺) 6月8日(土)、6月9日(日)

是非チームゼウスジャパンパドックまで遊びに来てください!!

この他にも、楽しい企画を考えておりますので是非こちらのブログでの情報もお楽しみに~。

ギャラリーの楽しみ方の一つ

ラリーを大きく構成するのは3つの要素だと思っています。

1つがオーガナイザー(大会主催者)
オーガナイザーが大会を開かなければそもそもラリーが始まりません。
1つがエントラント(参加選手)
大会が開かれても選手が集まらなければ寂しいですね(笑)
1つがギャラリー(観戦者)、スペクテーターともいいますね。
ギャラリーが多く集まるほど、大会は華やかになります。
サッカーとかの無観客試合ってすごく寂しい感じになりますよね。

この3つが合わさることで大会はよりよい良い素晴らしい大会になるかと思っております。

さて、その中でもギャラリーにはいろいろな楽しみ方があります。
みなさんそれぞれに楽しみ方を見つけて楽しんでいて、我々クルーも楽しい雰囲気を分けてもらっております、そんな楽しみなかの一つとして今回は写真を紹介。
全日本に出るようになって思ったことが、本当に多くの方が観に来てくださり、写真を撮影をしていただいているということ。

そして、そのスピードの早さ。
大会終了後の週にはフェイスブックなどにアップしていただいて、選手としても嬉しいです。
なかなか小さなチームでは、撮影スタッフなど用意できず、ギャラリーの皆さんに頼りっぱなしです。

今回は、そんなギャラリーの皆さんに撮影していただいた当チームの写真を紹介させていただきます。

撮影者:M.Ichikawaさん

Photo:M.Ichikawa

リエゾンで撮影もギャラリーの楽しみの一つ!
そのラリーならではの風景を探して撮影ポイントを決めて、ラリー車の通過とともに撮影、ラリー車がどのルートを通るかなど事前に調べたりしているそうです。

Photo:M.Ichikawa
Photo:M.Ichikawa

ナイトステージで光る棒を振るジャッキーとギャラリーの方。
光る棒の色が変わっているのが分かるショットです。
なかなか写真では伝わらない色チェンジがわかる貴重写真です。

撮影者:N.Ichikawaさん

Photo:N.Ichikawa

ナイトステージの疾走感ある写真。
夜間でライトをつけるラリー車を撮るのはすごく難しいのですが、車はしっかりと写り、背景は流れる、皆さんすごいなぁといつも関心させられます。

Photo:N.Ichikawa

スポンサー旗とラリーの看板とラリー車
結構好きな構図だったりします、ラリーならでは写真ともいえるかなぁ~と。
ちなみに奥にある、黄色いチェッカーの看板は、フライングフィニッシュ(いわゆるSSのゴール)の予告看板です。
この先に同じ柄の赤い看板があり、そこがゴールとなります。
最後の一踏みの瞬間ともいえますね。

撮影者:鈴木 重紀さん

Photo:鈴木重紀

こちらもリエゾン写真
我々はリエゾンに潜むギャラリーの方に気がつくことが出来るかが一つの戦いだと思っています(笑)
出来る限り手を振らせていただくのですが、最初の一枚のようにまったく気がつかない写真はやられたーと思ったり(笑)

Photo:鈴木重紀

これもラリー感が出ている写真。
ギャラリーの方が写真に入っていると、ラリーの臨場感が伝わりますね。
またギャラリーの方も光る棒を振っていただいているのが分かる写真でありがたや~という感じです(笑)

撮影者:佐藤 良孝さん

撮影者:佐藤良孝

サービスパークも設置されたグリーンプラザ軽井沢での一枚。
サービスを出てSSへ向かいますが、このあたりはクルーもリラックスしています。

撮影者:佐藤良孝

今回は、タンバリンの配布はしていなかったのですが、以前配らせていただいたタンバリンを持って応援しに来てくれました!!
今回も光る棒をもって応援してくれる方が多数いて、我々の活動が皆さんの観戦の楽しみに少しでも役に立っていれば幸いです。

撮影者:吉田 史生さん

Photo:吉田史生

ギャラリーの皆さんと我々のもう一つの戦い。
ジャッキーの光物が撮れるかどうか(笑)
コ・ドラシートを中心にアップで撮られる車両も少ないでしょう(笑)

Photo:吉田史生

リエゾンでは負けていられないので、手もタンバリンも振りまくりです(笑)

撮影者:Mishima Yutakaさん

Photo:Mishima Yutaka

例えばこの写真、1日目の写真ですが、光り方が足りないとリフューエル(燃料補給)の時にお叱り?を受けたり(笑)
今回は我々以外にも光る方が多かったようで、負けられない戦いはいろいろな形であります(笑)

Photo:Mishima Yutaka

皆さん、交通やお店の邪魔にならないように、歩道などで待機していて、こういうシーンを撮っていただいたり。
いやはやすごいです。

撮影者:熊谷 泰三さん

Photo:熊谷泰三

SSコースとギャラリーエリアは十分な安全マージンがとってあるためそれなりに離れているのですが、ズームレンズを使うとこのように車内もはっきり撮れます。
そして、ジャッキーはわざわざ写真撮影用にタンバリンを横にして形が分かるようにしたとのこと、プロ?意識が高い?ですね(笑)

Photo:熊谷泰三

光り方が足りない!と前日にご指導を受けたジャッキー選手。
光量アップです!
さて、彼は何本光るグッズをもっているでしょうか?(笑)

撮影者:arumo2さん

Photo:arumo2

SS、リエゾンだけじゃない、ラリーの醍醐味の一つサービスパークももちろん撮影ポイント。
車体の諏訪姫と諏訪姫のぼり旗をうまく構図に入れての一枚、雰囲気があって好きです。

Photo:arumo2

LEG2の最終SS前にあったセレモニアル。
本ラリーを象徴するラリーゲートをくぐる瞬間ですね。
こうして、一つ一つの瞬間を切り取っていただけるギャラリーの皆さんには本当に感謝です。

撮影者:権田 千晴

Photo:権田千晴

そして最後はチームマネージャの写真。
頭にピコピコしたものがついていますが、なんとブログを見たというか方から差し入れをいただいたので装着してみたり(笑)

ちょっと皆さんとは毛色が違った写真を撮ったりしています(笑)

Photo:権田千晴

嬬恋は寒いから防寒対策しなくちゃ!
じゃあバナナか?というナゾの会話からバナナスーツを着る人。
結構暖かいです(笑)

ギャラリーの皆さんが写真を取っていただけることで、自分たちの戦いの思い出が切り取られ、記録として残りとても感謝しております。

もちろん、これは楽しみ方の一つですので、写真を撮らずとも声援をいただけるだけでクルーは力をもらい前に進めます。

ここにご紹介させていただいた方以外にも沢山の方が撮影をされてアップしていただいており大変ありがたいことです、今回は私が気がついて、写真の掲載許可をいただいた方の写真の一部をご紹介させていただきました。

いやぁ本当にギャラリーの方の応援は嬉しいですね!

最後に、大会公式でもフォトコンテストが開催されております。
是非写真を撮られた方は応募してみてはいかがでしょうか?

フォトコンテストの公式ページはこちらから