2019年全日本ダートトライアル選手権第1戦に参加してきました。

広告

イベント名:
   2019年JAF全日本ダートトライアル選手権第1戦
          DIRT-TRAIAL in NASU
開催日時:2019年3月16日~17日
開催場所:丸和オートランド那須(栃木県那須塩原市)
天候:公開練習晴れ、決勝晴れ
結果:SA1クラス10位/22台
車両:ゼウスジャパン♪ミニクーパーS
ドライバー:権田 哲也

Photo:佐藤 良孝

全日本ダートトライアルの2019年シリーズも開幕です!!
ミニも3年目成熟してきたので結果を出さねばです。

そして地元丸和がんばっていこう~と思ったら22台もエントリー。
SA1すごい人気クラスになってます。

でも負けるわけには行きません気合を入れていきます!

とはいえ、タイムを出してやろうとかいう気合の入れ方ではなく、自分がいま課題としている走りをキッチリ行う!!という自分との戦いへ気合を入れます。

Photo:Mitsuya Suzuki

前日練習は、大きなミスなく走行。
砂利も多く少し難しい路面だったともいますが、20台中9位とまずまずの結果。
ミニのセッティングがよくなったことと、ドライビングのスキルアップの両方がよくなっていることを感じることが出来ました。

そして、決戦の日曜日。
程よい緊張でよい状態で迎えることが出来たと思います。

1本目、スタートから中盤までは大きな問題なく走行できたのですが、ハイスピード区間に入る手前のシフトチェンジでシフトミス。
3速入れるはずが5速入れちゃって、3入れ直してたら弾かれて入らなくて~などやっていたら失速してしまって2速入れ直して再加速なんて事をやってだいぶタイムロスをしてしまいまいた。

Photo:Mitsuya Suzuki

さぞや下位に沈んだことと思ったら、22台中12位という結果。
キッチリ走りきれば上位も十分狙えるという感触をつかむことが出来ました。

とはいえここで欲をだすとミスをするので、あくまで課題をきっちりこなす事を忘れずに2本目を走ろうと決めます。

さあ、スターターが旗を持ち替えたのをみて後数秒後にスタートだ!と思ったところで前走車がトラブル!
そこで待ちとなりました。

最大まで高めていた集中力を一度リセット。
競技再開のタイミングを見計らって再度集中力を高めてスタート!

ともかく、こう走りたいというイメージを再現するように車をコントロールしていきます。
とはいえ、いろいろな要因でイメージどおりに行かない部分を修正しながら走りゴール。

Photo:佐藤 良孝

小さなミスはあるものの、走りきったと感じることが出来る走行でした。
結果は暫定3位で車両プールへ(3位までがプールされて再車検を待ちます)

まあ、とはいえこの後に昨年のシリーズ上位陣が走るわけでなので、あっけなくプールからリリースされタイムを聞きながら自分の順位を見守ります(やはり走りきった時点でトップにいないと厳しいです)
まだ4位、まだ5位、まだ5位とか数えていましたが、最終的に10位となりました。

結果は今一歩でしたが、走りについては十分得るものがあった1戦だったと感じることができました。

次戦恋の浦では上位を狙って行きます!


またチームゼウスジャパンでは、「ちっちゃかわいい対決!アバルト500VSミニ」としてアバルトとミニの対決企画を行いました。

ダートラって台数が多いので観戦初心者には分かりづらいという声もお聞きしたので、いっそ2台の対決に絞ってみたわけです。
シンプルに楽しめる企画としてのご提案。

チームパドックでの投票で、ちょっと分かりずらいかなぁとも思ったのですがMCの阿久津アナのアナウンスもあり多くの方に投票をしてもらいました。

またトラブルが多く、終了時間が遅くなったのにもかかわらず、多くの方に残っていただき、抽選を楽しんでいただきました。

また、RAC様のプレゼント企画(クイズに答えるとミニカーがあたる!!)も好評で、こちらも多くの方に楽しんでもらうことが出来ました。

抽選時にはミニは同乗走行をやっており、私はその場にいれず申し訳なかったのですが、同乗走行でもミニファンの方ともお話でき、またラリーで応援していただいた方がダートラにも来ておられ、たまたま同乗走行に当たったりと嬉しい出会いも沢山ありました。

みんなが笑顔になれる企画は今後も続けていきたいと思いますので、チームゼウスジャパンの応援引き続きよろしくお願いいたします~。

広告